2017.08.02

「元気に食べてますか?」2017そしてこれから

「元気に食べてますか?」

WAVESの第一声は2015年9月にお婆ちゃんの原宿と呼ばれる東京巣鴨で生まれました。

全国から集った70名の医療者の集団がオレンジ色に町をジャックし、高齢者や市民に「元気に食べてますか?」と声がけします。

 

医療者はそれぞれが班に分かれて活動します。

パンフレットやのぼりを手に「元気に食べてますか?」と声掛けしアンケートの記入を促すプロモーション班。

簡易な栄養アセスメントを行い低栄養のリスクを判定するアンケート班。

指輪っかテストや握力測定、ピンチ力、舌圧など身体測定を行いサルコペニアのリスクを判定する身体測定班。

アンケートを回収し、適切なアドバイスと栄養製品の配布を行う教育班。

会場設営班と協賛企業のボランティアは縁の下の力持ちとしてバックヤードを担当します。

 

「元気に食べてますか?」はこれまでに東京都豊島区巣鴨、愛知県名古屋市、岡山県岡山市、東京都西東京市、石川県金沢市で開催、2017年度は沖縄県那覇市、北海道札幌市、島根県出雲市、青森県八戸市、大分県別府市を予定しています。。

WAVES Japanでは2017年度からの3カ年計画で全国47都道府県の開催を目標に活動を展開していく予定です。

「元気に食べてますか?」2017一人でも多くのみなさんの参加をお待ちしています。